• ダブルクリップで鉛筆を挟むだけ!正しい鉛筆の持ち方を練習&矯正する方法
  • 子供が欲しがるモノは我慢させずに買ってあげれば?価値観が育つと思います。
  • 子供(幼児)と紙粘土工作で恐竜を作ってみたら人生が少し豊かになった。
  • もう僕らは子供じゃないんだ。世の中の父親ども、自立しろ。

    スポンサーリンク




    ども、チョコマシュです。

     

     

    これずーーーっと言いたかった事なのです。自立しろ!

     

     

    雑誌にしても、TVにしても、ネット記事にしても「ダンナへの不満」というのはネタにされる機会がとても多いと思います。その都度、僕は同じ男として「ふざけんな!バカやろー!」とそんな事を言われているダンナに思うわけです。

     

    妻たちは何が不満なのか?

    1:家事を手伝わない

    2:子どものことをよくわかっていない

    3:ゲームばかりしている

    4:毎日同じ口論ばかり

    5:お酒を飲みすぎる

    6:夫の家族が嫌い

    出典:もういい加減にして!妻の怒りが積もっていく「夫への不満」6つ – WooRis

     

     

    よく見聞きする事ばかりですね。実際、どうですか?こんな事を言われていませんか?

     

     

    引用させていただいた記事は「アメリカの主婦雑誌『Redbook』を参考」にして書かれているという事で、国が変われど、奥様方の不満というのは変わらないようです。

    これらの不満に対して、一つ一つ解決策を探したり、提案などはしません。ここに共通している問題点というのは、僕たち夫が自立していない事が何よりの原因だという事です。

     

     

    は?何を言ってんだお前!という事をおっしゃられる方もたくさんいらっしゃるでしょう。ですが、少し話を聞いて行ってください。

    なぜ、家事を手伝わないのですか?そもそも手伝うというスタンスが間違っていると僕は思います。自分の事は自分でやったらどうでしょう。洗い物、洗濯、掃除。そんな事は自分でやって当たり前の事なんです。こういう事を言うと、「自分は日中は会社で仕事をしているんだから」などと全く意味のわからない事を言い出す人もいますが、そんなものは話にならないと思います。一人暮らしだったら、どうするんですか?それでも家事をしませんか?

     

     

    妻の負担を減らそう!

     

     

    なぜこんな事を言うのか?というと子供が生まれてきて、自分のできる事の少なさに気づき父親って何なんだろう…と本気で考えていた事があります。「なんで、僕からは母乳がでないんだ!」って真剣に思いました。

     

     

    自分にできる事は何か?

     

     

    妻の負担をどうにかして減らそう!それが僕の答えでした。

     

     

    どうしたら減らせるのか?自分の事は自分で処理する。これは間違いのない方法だと思います。また、効率も良くなります。具体例としては洗濯物。もっとも帰宅時間が遅い人が、1日分の洗濯物を洗濯し干せば良くないですか?晩御飯を食べている間に洗いあがります。

     

     

    睡眠時間を削ってやろう!とか、育児休暇を積極的にとろうとか、そういった話ではなく、自分の身の回りの事くらいは自分でこなすようにする。ほんの少しの事からで良いと思います。今日から始めてみてください!


    スポンサーリンク

    この記事のシェアはこちらから♪

    ABOUTこの記事をかいた人

    33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県