• 草野心平「わが抒情詩」。終戦直後の詩にもかかわらず、なぜだか心に響く。
  • ゴチソングDJで話題!「DJみそしるとMCごはん」
  • ごちそんぐDJがオモシロ過ぎる件[NHK Eテレの音楽&食番組]
  • 映画「ブラフマン」絶対に観に行きたい

    スポンサーリンク




    蒸し暑いですね…もうベタベタして何もかもやる気が失せてしまいそうですが、そんな気分も彼らの姿を観てぶっ飛ばしたい!

    ↓映画「ブラフマン」公式サイト

    映画「ブラフマン」

    2015年に結成20周年を迎えるBRAHMANの活動を、クリエイティブディレクターの箭内道彦が初監督作品として収めた音楽ドキュメンタリー。重厚で魅力的なサウンドと激しいライブパフォーマンスに加えて、ほとんど見せることのなかったメンバーの素顔を捉える。BRAHMANの音楽性やメンバーの魅力を、CMやフリーペーパー、バンド「猪苗代湖ズ」など八面六臂(ろっぴ)の活躍をする異才・箭内がどのように見せてくれるのか注目。

     

    これを見てくださる方の何人の方が「ブラフマン」というバンドをご存知なのだろう。

     

    TOSHI-LOW(Vo.)、KOHKI(Gt.)、MAKOTO(Ba.)、RONZI(Dr.)の4人で構成されるバンド。
    ジャンルとしてはエモ、ポストハードコア、ミクスチャー・ロック、ポストパンク、オルタナティヴ・ロックなど。ボーカルのTOSHI-LOWさんは女優のりょうさんとご結婚されているので、そちらでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

     

    僕はというと彼らのデビュー当時からの大ファンなのですが、その魅力は徹底したバンドとしてのコンセプト、ライブバンドとしての生き様なのではないでしょうか。

     

    Hi-STANDARDを代表とするメロコアが全盛だった90年代後半に彼らもデビューしています。ジャンルとしては同じようなくくりに入っていたのですが、明らかに他と一線を画したメロディーライン、アレンジの楽曲。その全てが「BRAHMAN」というバンド名と妙にリンクして心を掴んできます。

     

    そんな彼らの赤裸々な姿を収めた作品。往年のファンの方も、そうでない方もチェックしておいて損はないはずです。

     

     

    映画の予告編にもなっているNEW SINGLE「其限 ~sorekiri~」MV

     

    僕が彼らにメロメロになった代表曲「DEEP」

    https://www.youtube.com/watch?v=PeN_j-6DIqw

    [amazonjs asin=”B00DZKSBEO” locale=”JP” title=”『超克 the OCTAGON』 DVD”] [amazonjs asin=”B00005H00Y” locale=”JP” title=”deep/arrival time”]
    スポンサーリンク

    この記事のシェアはこちらから♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県