きのこ帝国メジャー1stアルバムのタイトルチューン「猫とアレルギー」が突き刺さってヤバイ

きのこ帝国

スポンサーリンク

こんにちは!バンド大好きなよーへい(@campanella225)です。

 

インディーズの時から大好きなバンド「きのこ帝国」。ついにメジャー1stアルバム「猫とアレルギー」が発表されました。

ひとまず、タイトルチューンである「猫とアレルギー」が心に突き刺さってヤバイです!

猫とアレルギー

インディーズ時代から大好きだったバンド「きのこ帝国」がついにメジャー1stアルバムを発売した。その1stアルバムのタイトルにもなっている「猫とアレルギー」という曲。

聴いてみると、メジャーになったんだな〜って、サウンドからも伝わってきます。それがある意味では寂しくなったりするのがファンでもあります。でも、そんな寂しさをぶっ飛ばすくらいに良いです。

こちらが「猫とアレルギー」のMV。

ピアノと佐藤千亜妃のボーカルで始まるこの曲、のっけから温かさが溢れてます。こう言う空気感って今までなかったよね…これまでの繊細さはそのまま、でも溢れ出るものが感じられますね。

これまでにない開放感に満たされたアルバム

このアルバム発売に際して、MUSICAでインタビューが掲載されています。

きのこ帝国をご存知でお好きな方はわかると思うんですが、どこか抑圧された雰囲気が漂っていましたよね。

それが今回は無くなってる?って感じるくらいに解放的なんですよね。「きのこ帝国、生まれてきました〜!」みたいな開放感。広がる音と世界。

アルバム「猫とアレルギー」から『怪獣の腕のなか』

これからの季節にピッタリですよね。

絶対、「きのこ帝国」きますよ!

2016年はきのこ帝国イヤーになるんじゃないかと勝手に予測しています(笑)結構、この予測には自信があるんですけどね。是非ご存知なかった方はチェックしてみてください。

ご紹介した2曲が気に入った方は是非、アルバムも手にしてみてくださいね♪

余談ですが、僕が「きのこ帝国」を知ったのは、ボーカルの佐藤千亜妃ちゃんの可愛さに目を奪われたからなんですよね(笑)

スポンサーリンク







きのこ帝国

この記事のシェアはこちらから♪

ABOUTこの記事をかいた人

33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県