世界のどこかに仲間はいる

Photo by Eric Didier on Unsplash

スポンサーリンク




年越し蕎麦をすすっていたと思ったら、すでに新年も9日を迎えているじゃないですか。今更ながら、あけましておめでとうございます。

今年もゆるゆると更新していきますがよろしくお願いします!今年はもう少し思考の整理もかねて更新をしていくつもりです。(ホントか…?)

唐突ですが…

このブログを始めたきっかけというのは、13年前にやっていたブログを再開する気持ち半分、お小遣い稼ぎ半分の気持ちで始めたんですよね。

13年前、銀杏BOYZの峯田和伸を敬愛というか崇拝していた僕は彼のブログを読む中で自分も何か書き残していきたいと思ったのがスタートだった。

大学を辞めるタイミングとも重なり、自分の葛藤やら恋愛事情やら、悶々としてたりめっちゃテンション高かったりと…ブログっぽいブログをしていたなぁ。

時が経ち、いざブログを再開してみても昔のような葛藤は消えてしまっていた。そもそもの動機が再開&お小遣い稼ぎだったのだからピンとこないのも当然だ。

PVを稼ぐには?アフィリエイト?アドセンス?まぁそうやって「稼ぐブログ」について情報を得れば得るほど書くことがなくなっていった

書くことがなくなったというよりも書きたくても、書くことを躊躇するようになっていったのが正しい。「これを書いて意味があるのだろうか?」という問いかけの前にmac bookを閉じることは数知れず。

今思えば、とにかく書いてみればよかったんですけどね。

世界中のどこかに仲間はいる

ゆるゆると続けてきたブログ。今はどうだろう…正直、更新もかなり少ない。ゆるゆるとでも続けてきた・続けていきたい理由の1つは「繋がり」

ありきたりの答えなのですが、ここにたどり着く。twitterやfacebookで「いいね」をいただく関係の方もいれば、1アクションおこしてメールをくださる方もいらっしゃる。

その中でも発酵農業米作りロケットストーブというキーワードに出会えたのは救いだったように思う。ブログうんぬんよりもネットのどこか、日本のどこか、地球のどこかには多くの仲間がいるんだなって知れた

僕がこれからここで何を書いていくのか?2018年は変化していく予定。

これまで通りの内容も継続していくけれど、考えていること迷っていること、決めたこと嬉しかったこと。僕の暮らしの小さな出来事をそのまま書いていってもいいかなと年末年始にぼーっとしていたら思えてきた。

そこから新たな仲間と出会っていけると幸せだなぁ。

どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク
Photo by Eric Didier on Unsplash

この記事のシェアはこちらから♪

ABOUTこの記事をかいた人

33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県