• 高杉晋作の辞世の句、下の句を知らずして面白くない批判をする人々。
  • 「コミュ障(人見知り)」の大きな原因は2つ!これに気付いて僕は楽になりました。
  • 草野心平「わが抒情詩」。終戦直後の詩にもかかわらず、なぜだか心に響く。
  • 言葉にするために行動する

    正月

    スポンサーリンク




    うん、2020年をとっくに迎えてる。そう2週間も経っている。あけましておめでとうございます、2020年もよろしくお願いします。

    年始は家族と長島の方へ遊びに行っていて、そこで食べたしるこが異様に美味しかったんだよね。

    それにしても、すっかりブログを書くことができなくなってしまった。もう何度おんなじことを言っているんだろう…と、さすがに嫌にもなってくるけど書きたいことはずっとあったりする。

    今年こそは以前のペースに、いやそれ以上にと考えています。まずは欲張らずに以前くらいのペースに戻そう。

    何を口にだすのか

    1月という事で何となく気分も新たにする。リセットってわけじゃなくね。いい機会だから、ちょっと気持ちをシャンとしようって感じだね。

    『夢を叶えるためには、それを口に出すことだ。』

    どこかの誰だかが言っていそうな言葉。僕自身も、そのように考えている。事実、20代前半での1つの成功体験はその効果だったように感じている部分もあるんだよね。

    でも、今はあえて言わないことも必要なんだろうなと感じている。

    口に出していくことの効果としては、

    • 後に引けなくなる
    • 口に出し続けることで、既成事実になっていく
    • モチベーションが高まる
    • 周囲に認知してもらえる

    他にもあるかもしれないが、パッと浮かぶものはこう言った感じだろうか。

    かと言って、何でもかんでも言ってりゃいいのか?って言えばそうでもなくなってきた。それは僕がおっさんになってきたことが関係しているんだろうなぁと感じる。

    言いたいことは言えばいいし、語りたければ語ればいい。でも、大言壮語を吐いていても仕方ないよなってそう思うんだよ。夢は語ればいい、でも大言壮語でデカい口たたいてるだけってのはお終いだなって。

    言葉にするために動く

    そんな事を書いていると言えることが減っていく気もしないでもない。でも、それでいいんじゃないか?今の僕はそう思っている。

    でも、やって来た事、やっていきたい事を丁寧に伝えていく。同じ事を何度でも言っていけばいいように思っているだよね。

    その中でも閉まっておきたい言葉とか思いはあるわけだけど、それは時期がくれば口にするし、ちゃんと口にできるように今はやるべき事を淡々とやっていくことが必要なことなんだ。

    ちゃんと言葉にするために行動を続ける。思考を続ける。

    描いている理想のためにどうするか?思考して、行動した先にしか言葉は出てこない。僕の場合はそうなんだなと改めて感じている。

    さぁ、2020年。字面からプレッシャーかかる年じゃないですか?キリがいいと何となくね。焦らず、でも一歩ずつ進んでいきます。

    よろしくお願いします!

    スポンサーリンク
    正月

    この記事のシェアはこちらから♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県