無駄なものを省くことと、洗練すること。

Sophisticated

スポンサーリンク




「Simple is best.」

シンプル イズ ベスト。今さら、日本語訳する方が伝わりにくい感もある。よく使われる言葉。

シンプルにものを考える、余分なものを省いた潔さ、わかりやすさ、簡潔さ。確かに何かを伝えようとするとき、言葉でも絵画でも音楽でも、写真でもシンプルな方がわかりやすい。

そう、シンプルって何かを伝えるためにデザインする形態。削ぎ落としていくことはミニマルかな。

ここで最近の2つの記事、

感じた違和感に正直になることで自分の解像度をあげる。

近頃、服装がシンプルになった。

昨日の記事にいたってはタイトルにシンプルという言葉が入っているのですが、振り返ってみるとシンプルというよりはミニマルの方が近いように感じる。

ソフィスティケイトしたい

結論から書いてしまうと、シンプルでいることよりも洗練。ミニマルよりも洗練。

シンプルや、ミニマルの先に洗練があるんだろうとも感じています。そう簡単に洗練はされませんよ…ある程度の時間がかかるだろうし、生きている間にできるのかも正直わからない。

あらためて、僕はまだまだこれからだなぁと思うわけですよ。

無駄なものを削ぎ落とし、わかりやすくシンプルになり、そこから磨きをかけ続けていくことで洗練されていく。この答えを下してくれるのは自分じゃないんだろうけど。

シンプル?ミニマル?

そんなことを考えたのは、昨晩、「近頃、服装がシンプルになった。」で書いていたことを思い出していたから。無駄なものを省いていった結果の今の自分。

果たしてそれでいいんだろうか?

これまで着飾るために身につけてきたものを捨てていったり、外してそっと戸棚にしまっていくように身軽になっていこうとしている。これで何がわかるのか…書いたそばから疑問が浮かんでいた。

考えていくうちにシンプルと言いつつ、ミニマルに近い気がしてきたり、それでなんなんだろう…??とさらに疑問が浮かんでは消え「うりゃぁ〜!!」って寝た。

スタートに立てたってこと

一度、落ち着こう。僕が本当に臨むのはなにか?

そぎ落としただけで良いわけじゃない、これまでを仕舞い込んだらそれでOKってワケでもない。

選ぶべきものは選び、身につけたいものは身につけ、それでも不要な装飾はしたくない。人にどう見られたいか?よりも自分をどう見たいか?その違いのように感じる。

見た目の話だけじゃないな、こうして不要なものを仕舞っておこうと思えたのは今の自分の精神的なものがかなり大きいんですよね。何を大切にしたいか、自分をどこへ持っていきたいか、どう暮らすのか。かなり幅広く人生に関わってくること。

そういう意味あいで考えると、1つ方向転換が済もうとしているんだろうな。先に向かって、新たなスタートをしていくための地点。その先に洗練された自分がいたら良いなぁ。いるよね、10年後くらい?どうなんだろ。

まぁそんなところで、ではでは。

こちらの記事もオススメです

日本にイジメが多いのは、「友達」しか大切にしないからだ。

「仕方ない、やるか」の繰り返しがコツコツになっていく。

【診断】「ストレングスファインダー」が自分の才能・強みを5つ教えてくれた!

感じた違和感に正直になることで自分の解像度をあげる。

スポンサーリンク
Sophisticated

この記事のシェアはこちらから♪

ABOUTこの記事をかいた人

33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県