• 【大府市】ロケットストーブ工房「LIFTOFF(リフトフ)」暮らしの中に「火」を取り戻す。
  • 【小牧市】地域の竹林を有効活用!「バンブーインスタレーション in おおくさ」
  • スムージーにしても美味♪知ってます?サボテンって食べられるんですよ!
  • 【和歌山県】太地キママニ夕暮れマーケットで小さなカクメイを起こしに行ってみては?

    スポンサーリンク




    ども、よーへい(@campanella225)です。

    僕の数少ない友人の1人、ツジタケ(@nirlog_net)さんのお誘いで「思い出の本」2冊を提供しました。

    2016年11月27日に和歌山県東牟婁郡太地町でイベント「太地キママニ夕暮れマーケット」が行われます。こちらのイベントの主催者が和歌山のブロガー・ツジタケさんなんですね。

    せっかくのご縁なので、本の提供という形ですが参加させていただきます!

    ゆる〜いイベント「太地キママニ夕暮れマーケット」

    このイベント、とにかくユルい(笑)主催のツジタケさんの人柄がそのまんまイベントに現れているのですが、彼のブログ「キママニ」から引用すると、

    別に多くの人が集まらなくてもいいんです

    ちょっと変わった人、生き方に悩んでいる人、面白い人やモノに出会いたい人だけがきてくれたらいいんです。

    ー引用元:キママニ

    彼との付き合いは3年ほどになるのですが、この引用文が表している通りの人間。そんなこと言っていていいのか?と思うのだけど、「別に多くの人が集まらなくてもいい」これは本心なんですよね。

    『多くの人が来ても来なくても、自分はここでイベントをするし、1人でも2人でも誰かが楽しんだり何かを感じてくれたらいい。』ツジタケさんはそういう人です。

    「廻る本」に参加

    今回、僕が本を提供させてもらったのは「廻る本」という企画。

    「太地キママニ夕暮れマーケット」の『できるだけあるものを使って』というコンセプトを体現するような企画なんです。

    実際にどんな企画なのか?というと、こちらもツジタケさんのブログから手順を、

    ・当日までに私(ツジタケ)が何冊かの本を集めます。誰かの思い出が詰まった本です。

    ・当日「廻る本」コーナーに並べます。

    ・ご来場いただく際に、あなたの思い出の一冊をお持ちください。「廻る本」の中からお好きな一冊と交換させていただきます。

    ・最終的に残った本は、当日の出演者、出店者が自分の本と交換します。(あらかじめ出展者、出演者の本は並べておきます。)

    ・それでも残った本は、次回のキママニイベントでの使用と、私が旅するときに持ち歩き、SNSフォロワーさんから希望があれば交換します。今のところ「発送」は考えていません。

    ー引用元:キママニ

    こんな感じなんですよね。

    要するに「思い出の本」を持ち寄って、物々交換をしよう!ってことなんです。

    選んだテーマは「きっかけ」

    当たり前のことを書きますが、「思い出の本」って当然のことながら「思い出」があるわけです。「思い出に残る理由」がどこかにある。

    今回、僕は2冊の本を提供させていただくのですが、とっても思い出深い2冊。

    どちらも大学生の頃に読んだ本。かれこれ10年以上は前。個人的なテーマとしては「きっかけ」をテーマに選びました。

    提供する2冊との出会いで僕の人生が変化する「きっかけ」をくれたように感じているから。

    実際に、何を提供したのか?はイベントが終了してから紹介したいと思います。

    物々交換

    一言コメントのお手紙付き♫

    「太地キママニ夕暮れマーケット」で小さなカクメイを

    ということで、「廻る本」を中心に書かせてもらいましたが、その他にもこんなことを行います。

    • リユース雑貨の販売
    • 手作り雑貨の販売
    • 古着の販売
    • アコースティック・ライブ etc…

    また、ツジタケさん本人による座談会。彼の優しさ、生活の中に小さなカクメイを起こしていこうという考え方を感じられると思います。

    イベント情報

    ・日時:2016年11月27日 16:00~20:00

    ・場所:太地町こうすけ屋

    ・イベントページ:太地キママニ夕暮れマーケットイベントページ

    オススメ記事セレクション

    ステレングスファインダーで自分の強みを見つけよう!生きやすくなるよ♪

    【東海地震】超コンパクトなロケットストーブで備えよう。

    誰かの「個性」を決めつけていませんか?

    ハンドドリップの手間はなく、ハンドドリップの美味しさ♪そんなドリッパーがあります!

    スポンサーリンク

    この記事のシェアはこちらから♪

    ABOUTこの記事をかいた人

    33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県