• 高杉晋作の辞世の句、下の句を知らずして面白くない批判をする人々。
  • クラシックコンサートでの服装、これだけ知っておけば大丈夫♪
  • 「コミュ障(人見知り)」の大きな原因は2つ!これに気付いて僕は楽になりました。
  • ぼくが「男」でも「女」でもどっちでもいい。ぼくは「ぼく」以外の何物でもない。

    LGBT

    スポンサーリンク




    こんにちは!よーへい(@campanella225)です。

    まぁタイトルの通りなんですよ。ぼくは「ぼく」以外の何物でもない。

    髪の毛、バッサリと切ったんですよ。いつも通り、1mmのバリカンでガッツリのツーブロック。いっそボウズもいいかな?って思ったんですけどね、まだまだ寒いのでツーブロックです。

    では、本題。

    ぼくって女っぽいのかな?自覚はあるけどさ。

    さっき、こんなツイートをした。

    実はなんてほどの話でもないんだけど、昔っからぼくの中に「女性」っぽさを見つけたり、感じ取ったりする人って多い。大人になった今、それで何か問題があるかといえば何もない。

    だけど、幼い頃はそうはいかなかった。

    簡単に言えば、イジメやカラかわれる原因にしかならなかったよね。言われなく、オカマとかホモとか言われちゃったりしてさ(笑)

    それがイジメになるなんて言ったら、オカマの人や同性愛の方に失礼なのかな?なんにしても、当時は嫌だったよね。自分は「男」だって言いたかった。

    一応、断っておくけど僕はLGBTの方々をなんとも思っていないのが立ち位置だ。何を思えばいいのかすらわからない。僕の人生の中でLGBTというのは比較的身近だった。友人にもいたし、先輩にもいた。彼ら、彼女たちの性別がどうこうって僕が何かを言うことじゃないし、何だろう…偏見を持つ人って意味わからん。

    話が逸れてますね。僕は「男」だって言いたかったんだよ。

    ファッション感覚は女性かもな。

    実際に僕が「女性」っぽいのか否かはみなさんが勝手に判断してくれたらいい。正直、ぼくはどちらでもいいと思ってる。

    でも、実際に自覚している部分っていうのはあるだよね。その一つは服装。ぼくは自分の服を選ぶときに男性ファッション誌は見ない。面白くないからね。何を見ているか?というと街を歩いている女の子たち。彼女たちから服のインスピレーションをもらう。

    レッグウォーマーとか正にその一つだな。ぼくは冬場はいっつもレッグウォーマーをしてる。これ、買いにくのちょっと恥ずかしいんですよ!女の子向けの雑貨屋とかでおっさんがレッグウォーマー買ってくんだから。でも、したいんだよ。

    実際に暖かいという実用面はあるけれど、ルックスとしてファッションとして取り入れてたかった。

    服装の面だけは女性になりたいと何度となく感じてきたからな。女装したいとかじゃないんですよね。女物の服の方が、断然面白いってことかな。

    「男」らしさなんて存在しないって思っちゃった。

    幼い頃から一定期間ごとに、そんな「女」疑惑が持ち上がりながら生きてきた。そのせいもあって「男」らしさって妙に強く意識して生きてきてました。高校生くらいまで。

    ぼくが女の子にモテないのは、そのせいなんじゃないか?とすら考えてましたからね(関係なかったけどw)。

    でも、ある時にどうでもよくなっっちゃったんですよ。きっかけは初めて彼女と同棲ごっこみたいなのをしたことだった。

    学生時代の同棲なんてごっこ遊びだよね。それは置いておいて。

    そう、初めて他人と暮らした。しかも、女の子。

    約10年ぶりに涙を流した

    ぼくは3つ年下の妹がいます。そのせいか女性に対して「女性」としての憧れや期待なんて微塵も持っていないんですよね。その反面、「兄」とか「男」っていうのは強く意識して生きてました。女の子は守らなきゃいけないとか、男は強くいなければならないとかさ。

    結局、僕がならなければいけなかった「男」に、ぼくは全くなれなかった。そんな自分に嫌気がさしたし、どうすることもできなくて初めて人前で泣いた。

    「男」は泣くもんじゃないって思い込まされていたので、ず〜っと泣かずに生きてきてたんです。10〜19歳くらいまで。もっと前からかな?定かじゃないけど、とにかく泣かずに生きてきた。涙の流し方すら忘れてた。

    約10年ぶりに涙を流して初めて気がついた。「男」らしさなんて、どこにも存在しない。って。

    「自分」以外の基準なんて不必要

    「自分」を定義づける時に「性別」なんて不必要なんです。「男」だから、「女」だからなんて存在しない。身体機能的な問題は別ですよ。これはどうしようもない部分なんで。

    でも、「らしさ」なんていうことで言えば男も女もないなと考えている。

    だから、「男」らしさを求める女の人とは付き合えないし好きにもならない。そういう人って必ず「女」らしく扱って欲しがるから。めんどい。アホかって思うよね。「女」扱いして欲しいなんてさ。何をどうやったって、性別は「女」だろ!それだけで十分じゃない?

    どう見て欲しいか?って話なら「性別」のフィルター抜きの「自分」を見て欲しいはずだと思うんだけどな。

    もし、「男:らしくとか「女」らしくで悩んでいる人がいるなら、そんなもんきにする必要ないと思いますよ。これからはそんな時代じゃ無くなる。自分は自分以外の何物でもないのです。

    オススメ記事セレクション

    まだハンドドリップで消耗してるの?♪クレバーコーヒードリッパーがオススメ!

    学校・仕事を辞めることが親不孝?その先に幸せがあるなら親孝行じゃないの?

    グラスを変えると味わいが変わる♪一回分の飲み代でグラスを買ってみた。

    自分の写真はSNSに公開しないのに、子供の写真はガンガン投稿する親ってクソでしかない。

    スポンサーリンク
    LGBT

    この記事のシェアはこちらから♪

    ABOUTこの記事をかいた人

    33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県