僕がブログを始めたきっかけ。それは家入さんとイケダハヤトさん。

スポンサーリンク

こんにちは♪よーへい(@campanella225)です。

チョコマシュブログを始めて1年。先日、数字的な報告はさせてもらいました。よろしければ、こちらの記事を!

ブログ1周年!初めてPV数を晒すよ♪始めた当初ってこんなに読まれてなかったんだ(笑)

今回はこの1年間、ブログやMediumnoteといった場で「書く」ということをしてきた。この「書く」をスタートしたきっかけを書いてみたい。

きっかけは家入一真さんだった

このブログが始まるまで何度も挫折していた。僕のプロフィールを読んでいただくとわかるんですが、10年前に日記ブログを書いていました。

そのブログを引き継ぐつもりで何かしら書き物はしたいと思っていたんですよね。でも、それが続かなかった。そこまでの時間を注ぐ気持ちがなかったんですね。

始めてみても数日で更新が止まる…再度スタートをきることも出来なかった。そんな事をして数年が経っていた。書いては止めての中でnoteやMediumを使っていたんですよね。公開後かなり早い段階で使ってた。

でも、見出しタグとか意味不明すぎて…進まなかった。

『解放食堂 in 名古屋』で家入さんに言われたこと

今から2年ほど前、「解放食堂」というイベントに参加した。これに参加した経緯は複数の線が絡み合っていて、ここでは詳細は書かない。

でも、一つの目的としてイベントの発起人の一人であった家入一真(@hbkr)さんに会ってみたかったことがある。「解放食堂」の概略を書いておきますね。

2011年3月11日に起きた東日本大震災。その復興支援として『解放食堂』というイベントが起こっていた。

こちらのチャリティイベントの主旨はこういったもの。

“東北の美味しい食を片手に愉快に飲むことが、風評被害をはじめとするネガティブな状況を変えていくんじゃないか!”という掛け声で始まったチャリティイベント「解放食堂」。東北の食材で作った料理を食べて飲んで楽しく過ごすことが復興支援へと繋がります。

当時、震災が起こって3年。復興が進んでいく中で農産物などの「風評被害」も湧き上がっていた。そんなネガティブな状況を『楽しく』食べて・飲んで復興支援へと繋げていこうというイベントだった。

「誰かのため」では動けない。僕は面白くなくて、復興支援が続けられなかった。

このイベントの最中、たまたまトイレで家入さんと出くわした。せっかくなので用を足しつつ、会場に戻るまで話をさせてもらった。当時の僕は「リバ邸」のサポーターでもあった。なので、そのあたりの話をしたりしていた。

その中で、ふと言われた一言。

家入さん『君、雰囲気がなんとなくイケダハヤトくんっぽいね。』

僕「…???誰だろそれ?」

失礼な話だけど、当時の僕はイケダハヤトさんを知らなかった。名前は聞いたことがあったとしても、言われてすぐに思い出せるほどは知らなかった。

家入さんとしては、ただの感想を述べただけなんだろうけど。「誰だ?!」って思い調べてみるとスゲェなと(笑)

にしても、家入さんは何を感じてそんな事を言ったのか謎ではあるけど…そこで読んだのがこちらの1冊。

これでイケダハヤトさんを知ったわけですね。でも、まだブログは始められなかった…2014年の夏。

小遣い稼いでみよっかな。

で、実際にブログを書き始めたのは2015年。いざ、始めてみようと思った時に考えていたのは「一年でお小遣いは稼げるようになる!」ってことでした。

これはほぼ達成しつつある。自分の飲み代くらいにはなってますね。

この原動力となったのはイケダハヤトさんのこちらの本。

正直、記事数で言うと全く書いていないわけです(笑)でも、飲み代くらいは稼げてます。次の1年で何倍にできるか?もっと攻めないとな…と痛感してます。

で、読み返してる(笑)

1年間続けた「今」改めて読んでみると、この1冊ものすごい内容だと感じます。ブログを書く上で必要なことは全部書いてありますね。そして、なんやかんやで自分の甘さが出てる部分を気づかせてくれます。

あなたの言いたいことは思ったほど伝わらない。表現はちょっと強めくらいでちょうどいいのです。心からそう思うのなら、言い切っちゃいましょう。言い切れないようなことは、言う価値もありません。

ここ、好きなんですよね。

「言う価値もありません!」

言う価値。次の1年はもっとここを実践していなかなとな。

イケダハヤトさん、この本を書かれた当時は「月50万稼ぐ」って書いてますが、今や桁が違ってますからね(笑)僕も桁を変えていきますよ!

まず、書けって話。

次はブログを書き始めた頃のことを振り返って書こうかな。ってとこで、ではまた今度♪

オススメ記事セレクション

ステレングスファインダーで自分の強みを見つけよう!生きやすくなるよ♪

学校・仕事を辞めることが親不孝?その先に幸せがあるなら親孝行じゃないの?

無意識に過ごしている時間にこそ「答え」が転がっている。

ハンドドリップの手間はなく、ハンドドリップの美味しさ♪そんなドリッパーがあります!

スポンサーリンク







この記事のシェアはこちらから♪

ABOUTこの記事をかいた人

33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県