ジッポ[ZIPPO]のオイルで使えるハンドウォーマー♪プレゼントにもオススメ!

Zippo

スポンサーリンク




こんにちは!よーへい(@campanella225)です♪

最近、年齢のせいか寒さに弱くなってきました…大学生くらいまでは「手があたたかい」のを売りにしてたんですけど。冷えきってます(笑)

ところで、皆さんは「使い捨てカイロ」って使いますか?手軽に使えるので利用している方も多いのでは?

でも、使い捨てカイロって「使い捨て」なんですよね。使ったら「ポイっ」って捨てられてしまう。繰り返し使えると良いんですが…

そんな時、友人から「繰り返し使えるカイロ」をプレゼントしてもらったんです♪

ライターで有名なZippoオイルを燃料に温めてくれるカイロ

僕、プレゼントでもらうまで存在も知らなかったのですが、オイルライターで有名なZIPPOが作っているんです。オイルカイロ。正式にはハンディウォーマーと言います。

まずは見た目がこちら!

ZIPPO

このルックスでカイロですよ?

もう、見た目がかっこよくないですか?♪「使い捨てカイロ」のショボショボ感とは全く別物です!

Zippoハンディウォーマーの使い方

使い方を説明しますね!まずはフタを取ります。フタってどこ?って感じですよね?

Zippo

こんな風にパカッと取れます。

さらに中フタを取っていきます。本体の上部に飛び出た部分です。これも簡単に取り外しができます。中のフタを取り外すと、本体の中には脱脂綿が。

Zippo

使い込んでいるの変色してきてます(笑)

この脱脂綿にZippoのライター用オイルを染み込ませて使います。ぼくのモノは使い込んでいるので、脱脂綿が変色してきてますね…

染み込ませるための小さなジョウロも付属してきますので安心してください!慣れてくると使わずに染み込ませちゃったりしてますけど、本当はダメです(笑)

オイルを染み込ませたら、中のフタを閉じ、中フタの上面についている触媒部分にライターで着火します!

最初は「マジで?!」って思うんですけど…全く炎も出ませんし、問題は起こりません!下の写真は着火後の状態ですが、全く炎が出てませんよね?

zippo

茶色の触媒部分にライターで着火します。写真は着火後の状態です。

ここまでやったら最初に取り外したフタを閉めて、作業は完了!

専用のフリース袋に入れて使います!

火をつけると、けっこう早いスピードで温まっていきます。「火」がついているので当たり前なのですが、熱の立ち上がりが使い捨てカイロとは比べものにならないくらい早いです!

一番熱い状態でもヤケドをするような熱さにはなりませんが、低温やけどなどの思わぬ怪我を避けるために専用のフリース袋に入れて持ち歩きます。

ZIPPO

付属品でついてきます!

入れるオイルの量で使用時間が変わる

使い捨てカイロの使い勝手の悪い部分として、こんなことがあると思います。

  1. 使用時間が調整できない。
  2. 暖かさにムラがある。
  3. 温まり始めるまでに時間がかかる。

こんなところでしょうか。

このオイルハンディウォーマーの良いところは、これらの使い勝手の悪さをすべて解消してくれることです!

ハンディウォーマーの良いところとして書き換えると、

  1. オイルの入れる量を調整できるので、温まっている時間を調整できる。
  2. 気化したオイルが触媒部分で燃えているので、火力が安定している。
  3. 実際の「火」が熱源なので、すぐに温まってくれる!

正直に言って、最初のうちはオイルを入れなければならないのが面倒に感じると思います。

でも、使っているうちに慣れてくる事と、使うときにオイルを入れるという「儀式」を行う事で「自分って、ちょっと意識高くない?」って思えてきたりもします(笑)

コーヒー豆を自宅で挽いて淹れる感覚と近いです。物事を一つ一つ丁寧に扱っている実感が持てる感じですね。

こんな方にオススメ!

職場・学校・お買い物への行き帰りに少しだけ使いたいという方には特にオススメです!

朝から晩までず〜っと暖かい状態が欲しい方にはオイルそのもののコストがかかり過ぎてしまうかもしれません。

ですが、職場・学校・お買い物への行き帰りに少しだけ使いたいという方は使用するオイルの量が調整できるので、オススメなんです。

「朝の1〜2時間、夜の1〜2時間だけ使う」という使い方が可能なんです!

プレゼントにも自分用にもオススメ♪

僕自身がプレゼントとしていただいたのですが、これは本当に役立ちますし嬉しかったですね♪

僕が使っているのと同じものはこちら、全部セットでお買い得です!

色違いもあります、これいいなぁ…

スポンサーリンク
Zippo

この記事のシェアはこちらから♪

ABOUTこの記事をかいた人

33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県