【ザワークラウトの作り方】簡単に作れるキャベツの発酵食品。

ザワークラウト

スポンサーリンク

こんにちは♪よーへい(@campanella225)です。

今日はキャベツで作る発酵食品『ザワークラウト』の作り方です。

キャベツの酢漬け(ピクルス)と勘違いされている方も多いのですが、ザワークラウトの酸っぱさは酢によってつけられるわけじゃないんですよね。

乳酸発酵させることで、あの独特の酸っぱさのザワークラウトになります。

今回は僕が実際に作ってみた様子をもとに作り方を紹介します!

ザワークラウトのレシピ、使ったもの

今回、僕が用意したのは、

  • キャベツ(適量)
  • 塩(適量)
  • キャラウェイシード(スパイス)

これだけです(笑)

その他、使った調理器具としては、

  • ボウル
  • 適切大きさの容器
  • ラップ
  • 重しの石

こんな感じですね。なので、これを読んですぐに作り始めることも可能じゃないでしょうか?キャラウェイシードがなくても問題はありません!

ザワークラウト

キャラウェイシードじゃなくてもOK!

今回、僕はキャラウェイシードを使用していますが…無くても問題ありませんし、その他にはジュニパー、ディルシードといった香辛料が使われることが多いようです。

あくまでも、使われることが多いという話。僕が使用しているのはコチラ。

このキャラウェイシード、ザワークラウト以外にも炒めものに使っても美味しいので持っていて損はない香辛料ですよ♪

その他の香辛料としては、鷹の爪、ローリエなどもよく使われています。ザワークラウトと言っても、作る人の好みで様々な味に仕上がります。

キャベツをせん切りにして、塩で揉む

最初にすることはキャベツのせん切りです。市販のものは細〜く切られているものが多いですが、僕にはその腕がないので、かなりざっくりと切りました。5mm〜10mmくらいの幅です。

量としてはキャベツを3分の1玉ほど。

ザワークラウト

ボール1杯分です。

発酵食品は大量に仕込んだ方が上手くいく。そんな話を聞いたこともありますが、失敗を恐れた僕はこの程度の量で作りました。量はお任せします!

この後は、塩を振ってモミます。塩もみを作るのと全く同じです!塩の量はキャベツに対して2%くらいと言われています。めんどいので、少し塩を振っては揉み、振っては揉み…

モミモミ、モミモミ…

水が出てきたあたりでキャラウェイシードを投入しました。これも適量。パラパラっと振りかけます。

ザワークラウト

水が出てきたとこで、キャラウェイシードを投入!!

キャラウェイシードを投入したら、再び揉みます。だいぶ水が出てきたら揉むから押し込むようにしていきます。そうすると思っている以上の水分が出てきます。

押しつぶすわけじゃなく、ギュ〜〜〜って水を出す感じですね。ゆっくり力をかけます。

ザワークラウト

水は1滴も入れてませんよ!

キャベツから出た水分で表面が浸されるくらいになったら完了です!この時、キャベツの表面が完全に水面下に入っている必要はありません。

容器に詰める時に改めて押し込んでいくので大丈夫です!

容器に押し込みましょう!!

ということで、ここまできたら容器に入れていきます。今回、僕はプラスチック製の容器にしました。陶器のカメでもいいです。僕は発酵の様子が見えるのでガラスかプラスチックをオススメします。

可能なら、ガラス製が一番ですね。

で、用意した容器にギュウギュウ詰め込みましょう。まさにギュウギュウと。そうすることで出し切れていなかった水分が出てきます。

詰め込んだら、ラップをかけます。これは無しでも問題ないです。ラップの臭いが移ることも考えられるので無い方がベター。

にも関わらず、僕がラップをしてみることにしたのはカビ対策ですね。

ザワークラウト

キャベツが空気に触れないように液面下に押し込みましょう!

夏場なら3日、冬場なら1週間程度

この後は発酵するのを待ちます。

夏場なら約3日、冬場なら約1週間ほど。これも「約」ですね。もっと長期間にわたって発酵させていくのも可能です。実験ですね(笑)

今回の僕のザワークラウトは5日間発酵させました。

肉料理との相性が抜群♪

ということで5日間の発酵を終えて食べてみました。

ザワークラウト

お肉と一緒が一番美味しい♪

豚肉のソテーの付け合わせとしてザワークラウト。お酒があるとなお良いですけどね♪

正直、コメとは合わなかったかな…と感じています。香辛料に何を使うか?でまた印象は変わってくるので、研究が必要ですね♪

ザワークラウトを作るコツ!

レシピとも言えないレシピですが、ここまで作り方を書いてきました。作ってみて感じたのは、かなり簡単であるということ。よっぽど「失敗した…」なんてことはないんじゃないかな。

ただ、そのために一つのことを気をつけておいてください。これまでにも書いていますが、『つけ込む野菜を空気に触れさせないこと!』これが重要。

空気に触れるとカビが生えたり、発酵じゃなく腐敗が始まります。発酵をさせるには液体にしっかりと浸しておくことです。

これさえ守れば、かなりの確率でザワークラウトを成功させることができます。

漬け込んだら下の写真のように「重しの石」をのせておくと良いですね。これは庭に落ちてた石を洗ってのせてます(笑)

ザワークラウト

漬け込んで48時間後のザワークラウト。

ザワークラウトの酸っぱさは乳酸発酵

冒頭にも書いていますが、同じような存在のピクルス。このピクルスとの差は「乳酸発酵による酸っぱさ」なのか、「酢漬けにした酸っぱさ」なのかの違いになります。

ザワークラウトには酢などの酸味料は(基本的に)一切入れていません。

乳酸発酵を主発酵にするために、空気に触れさせないということがポイントになってくるわけです。仮に液面にカビが浮いたりした場合はそっと取り除いてあげてください。

まとめ:とりあえず、作ってみよう♪

簡単に言うと、キャベツ(野菜ならなんでもOK)を用意し、刻み、塩もみにして香辛料を混ぜる。あとは容器に詰め込み、発酵を待つ。

それだけ(笑)

それで美味しいザワークラウトが完成です。香辛料を変えてみたり、野菜を変えてみたり、甘口の白ワインを混ぜるレシピもあります。

いろいろ試してみて、「自分の味」を見つけてみてください!僕もいろんなパターンを試してみたいと思います♪

僕の発酵の教科書はコレ♪発酵食品を作るなら必携の一冊です!

オススメ記事セレクション

ステレングスファインダーで自分の強みを見つけよう!生きやすくなるよ♪

学校・仕事を辞めることが親不孝?その先に幸せがあるなら親孝行じゃないの?

無意識に過ごしている時間にこそ「答え」が転がっている。

ハンドドリップの手間はなく、ハンドドリップの美味しさ♪そんなドリッパーがあります!

スポンサーリンク

ザワークラウト

この記事のシェアはこちらから♪