• 【岐阜県・おちょぼ稲荷】串カツだけじゃないぜ!トロっトロのオムレツカレーを食らおう♪
  • 【岐阜市】金華山ロープウェー山頂駅前、日本唯一の「リス村」。試しに入ってみて♫
  • 【岐阜市】フラッと立ち寄った「黒龍社・龍頭岩」は最強のパワースポットだった!
  • 【岐阜市】約1900年の歴史を持つ伊奈波神社に初詣♪

    伊奈波神社

    スポンサーリンク




    ども、よーへい(@campanella225)です。

    皆さんは初詣といったらココ!という場所はあるでしょうか?僕はというと、元旦には必ず家族で地元の小さな神社へお参りに行きます。

    その後に時々で行ってみたい神社へ行ってみたり、行かなかったり。

    そんな僕が2017年にお参りに行った神社が岐阜県岐阜市にある『伊奈波(いなば)神社』

    伊奈波神社に行くことにしたのは、泊まることにしていた「長良川温泉 十八楼」という旅館から歩いていけるところで面白そうな神社ってことで見つけました。

    実はとっても有名な神社だったんですけどね…僕は全く知らなかった(笑)

    伊奈波神社へのアクセス・駐車場について

    まずは伊奈波神社の場所とアクセスについて。

    近くに鉄道の駅がないため、

    『JR岐阜駅・名鉄岐阜駅』から岐阜バスに乗車→「伊奈波通り」で下車し徒歩10分

    こんなルートになります。僕なら岐阜駅からタクシーがオススメですね。大体の目安ですけど、1,000円以内で到着します。

    自家用車なら岐阜公園駐車場が便利です

    自家用車・レンタカーで動かれる方は岐阜公園の駐車場が便利です。温泉マークが僕が実際に駐車していた位置なんですが、そこから徒歩約20分で伊奈波神社に到着。

    岐阜公園駐車場から考えると徒歩約15分程度かと思います。

    岐阜城を横目に眺めながら、神社へ向かうのはなかなか風情があって楽しめました。

    岐阜城

    小さくですけど…肉眼だともっとキリッと観えます!

    伊奈波神社について

    タイトルにも書いたのですが、伊奈波神社は1900年以上の歴史があると言われています。

    神社のホームページなどを読んでみると「古事記」の中で出てくるようなんですね。正直、僕はそのあたりの知識が浅すぎるのでろくに理解していません(笑)

    なんにしても、起源は「古事記」「日本書紀」に記されている時代のお話。それだけでご利益がありそうな気がしてくるのが、僕のめでたいとこ。

    また、1900年前はこの場所ではなく金華山の頂上にありました。今の岐阜城が建っている位置ですね。

    そこに稲葉山城という城を建てるために、斎藤道三が神社を移動させたという事です、それが約500年前。それ以降、この地で愛され続けている神社。

    参道は出店と参拝客でお祭り騒ぎ

    参拝に行ったのは1月3日の正午前。実はもっと混雑を予想していたのですが、岐阜公園周辺の混雑もなく道ゆく人の数もさほどは多くなかった。

    ただ、伊奈波神社に近づくに連れて周囲を歩く人の数も増えて行きます(笑)参道に着く前から辺りの空気に新年の祭り感が漂い始めてる。遠くからは餅つきの掛け声が聞こえてきたり…

    楽しげな声と人の流れに沿っていけば、参道にたどり着きます(笑)そのくらい、伊奈波神社周辺だけは人が多かった。

    気がつくと伊奈波善光寺に…

    参道に出るとびっくりするくらいの出店。そして、人。正直、人混みの嫌いな僕はあまりこういう場所には行かないんですよねw

    空いているところへ行きたがる。そんな僕にとっては、この光景は初体験だった。

    ひとまず、参道を神社へ向かって歩いて行くと「善光寺」に到着します。これは知っている人じゃないと入って行ってしまう。

    別にいいんですよ?善光寺にもお参りしていけば(笑)善光寺の係員の呼び込みが強すぎて、気づいたら善光寺にお参りしている流れです。

    「絶対に寺には参らないぜ!」という人(そんな人はいるのかな…)は注意が必要。

    伊奈波神社

    参道から見えているのは善光寺。

    伊奈波神社へは善光寺の右側に伸びている参道をさらに進んでいきます。坂道なので、ご高齢の方は少ししんどい道ですね。

    伊奈波神社

    初詣感が全開!!

    ベビーカーは手水舎前で預かってもらえます

    善光寺を通り過ぎてからが伊奈波神社です。

    この日は下の子がご機嫌斜めだったので、ベビーカーに乗せての参拝。最近、話題になってましたね。初詣でのベビーカー使用の自粛要請の話題。

    伊奈波神社の参道はずっと登りなのですが、舗装がしっかりとしていた事・上り下りで参道が分けられていた事で難なく神社の直前までは使えました

    ただ、手水舎(手を清めるところ)以降は階段があるため必然的にベビーカーの使用は不可能。預かってもらう形になります。

    伊奈波神社

    神社も合理的な運営が…

    人生で初めて混み合った神社に参拝に来たわけですが、神社も合理的に考えて運営しているんだなぁとびっくりしたのがコレ。

    伊奈波神社

    仮でもいい人は仮でお願いします(笑)

    参拝客の流れが止まっちゃうポイントになる「手水舎」。

    (仮)で良い人は仮手水舎で清めてってください〜』って事なんですよね。めんどく下がりの僕は仮の方で清めさせていただきましたが、それでも本来の手水舎に人の列が…

    人間って面白いです。

    伊奈波神社

    入場規制もかかってました。安全のためにも必要ですね。

    今年の運勢は…

    入場規制がされているので、タイミングによっては5〜10分ほど手水舎付近で足止めされるかもしれません。

    この後、二段階に分けて石段を登ります。ベビーカーは預けられるのですが、お子さんを抱いて登るのはちょっとしんどいかなぁと…

    今回は義両親と来ていたので、交代で参拝して来ましたが、自分たちだけだったらちょっと迷うレベルの石段です。伊奈波神社

    いたるところでオミクジが

    僕の勝手なイメージですが、おみくじって巫女さんのいる販売所(?)で引くものだったの。でも、伊奈波神社は数カ所におみくじコーナー(しかも数種類のおみくじ)があって、大体が無人なんですよね。

    これも混み合う神社ゆえだからかなぁなんて考えながら、僕も引いておきました。

    交流が盛んになるのは望んでる事なので、良かったのですが…「悪い誘いに気をつける事」。2017年、これまで以上に加速して動いていく予定なので足元をすくわれないようにしないとな。

    伊奈波神社

    おみくじはどこに結んで行っても良いらしい…すごい量!

    神様はどこから願っても聞いてくださいます!

    おみくじ引いたり、しながら拝殿へ向かいます。

    交通整理をしている、警備員さんがず〜っとこんな声をかけていました。

    『中央は混み合っておりますので、左右に分かれてください。どこからでも神様は願いを聞いてくださいます。真ん中でなければならないわけではございません。ご利益に差はありません!

    この日のハイライトでしたね(笑)

    伊奈波神社

    参拝場所でご利益に差はございません!

    それでも、中央が混み合ってしまうのです…

    一日かけて参拝したい神社

    参拝しに来たはずなのですが、手水舎や拝殿にて『人の性』というものを考えさせられましたね(笑)

    拝殿にお参りをしてから、下りの参道途中にある「黒龍社・龍頭岩という場所にも寄っていきました。ここも最近のパワースポット人気で賑わいを見せていましたね。

    お正月以外の賑わい方を知らないのですが、正直なところ…この時期にゆっくりと境内を回るのは難しかった。もっとゆっくりと時間をかけて参拝したい神社ですね。

    伊奈波神社への参拝&岐阜観光にはこちらの宿がオススメです!→「長良川温泉 十八楼

    オススメ記事セレクション

    ステレングスファインダーで自分の強みを見つけよう!生きやすくなるよ♪

    【愛知県・イベント】「桶狭間の戦い」を再現!!早朝の清洲城は絶景ですよ♪

    【東海地震】超コンパクトなロケットストーブで備えよう。

    【岐阜県・おちょぼ稲荷】串カツだけじゃないぜ!トロっトロのオムレツカレーを食らおう♪

    ハンドドリップの手間はなく、ハンドドリップの美味しさ♪そんなドリッパーがあります!

    スポンサーリンク
    伊奈波神社

    この記事のシェアはこちらから♪

    ABOUTこの記事をかいた人

    33歳、二人の男の子の父親してます。レコーディング・エンジニア。「丁寧に生きる」をテーマに本質的な生き方を求めています。農業/発酵/ロケットストーブ/ワイン/ビール/里山/狩猟/愛知県